FIND関数

FIND関数は検索文字列を開始位置より何文字目にあるかを検索し、大文字、小文字を区別して一致する対象の文字列の位置を返します。

書式=FIND(検索文字列,対象,開始位置)
戻り値検索文字列を開始位置より何文字目にあるかを検索し、大文字、小文字を区別して一致する対象の文字列の位置を返す。
引数検索文字列検索する文字列を指定する。
対象検索文字列を指定する。
開始位置検索を開始する位置を指定する。省略した場合は先頭文字から検索される。
使用例文字列を検索して検索対象の文字列が何文字目にあるか表示する。

@対象 ABCDABCD 、A検索文字列 AB 、B検索開始位置 3 を入力してC何文字目に検索文字列 AB があるか表示しています。

Cの入力値 =FIND(B2,A2,C2)
FIND関数の使用例
関連関数説明
FINDB指定された文字列を文字列の中でバイト数単位で検索します。大文字と小文字は区別されます。
SEARCH指定された文字列を他の文字列の中で検索します。大文字と小文字は区別されません。
SEARCHB指定された文字列をバイト数 (半角単位)で他の文字列の中で検索します。大文字と小文字は区別されません。