LEFT関数

LEFT関数は文字列の左端から指定した数の文字をを返します。

書式=LEFT(文字列,文字数)
戻り値文字列の左端から指定した数の文字を返す。
引数文字列取り出す文字または数値を含む文字列を指定する。
文字数取り出す文字数を数値で指定する。
使用例文字列の左端から指定した文字数を抽出する。

@文字列 「ABCDEFG」の左端からA3文字抽出して表示しています。

Bの入力値 =LEFT(A2,B2)
LEFT関数の使用例
関連関数説明
CONCATENATE複数の文字列または数値を結合した値を返します。
LEFTB文字列の先頭 (左端) から指定されたバイト数の文字を返します。
RIGHT文字列の末尾 (右端) から指定された文字数の文字を返します。
RIGHTB文字列の末尾 (右端) から指定されたバイト数の文字を返します。
MID文字列の任意の位置から指定された文字数の文字を返します。
MIDB文字列の任意の位置から指定されたバイト数の文字を返します。
PHONETIC文字列からふりがなを抽出します。
LEN文字列の文字数を返します。
LENB文字列のバイト数を返します。