MID関数

MID関数は文字列の開始位置で指定した箇所から指定した文字数の文字を返します。

書式=MID(文字列,開始位置,文字数)
戻り値文字列の開始位置で指定した箇所から指定した文字数の文字を返す。
引数文字列取り出す文字または数値を含む文字列を指定する。
開始位置文字列から取り出す先頭の文字の位置を数値で指定する。
文字数取り出す文字数を数値で指定する。
使用例文字列の指定した開始位置から指定した文字数を抽出する。

@文字列 「ABCDEFGHI」より指定したA開始位置 3 桁目からB 4 文字抽出して表示しています。

Cの入力値 =MID(A2,B2,C2)
MID関数の使用例
関連関数説明
CONCATENATE複数の文字列または数値を結合した値を返します。
LEFT文字列の先頭 (左端) から指定された文字数の文字を返します。
LEFTB文字列の先頭 (左端) から指定されたバイト数の文字を返します。
RIGHT文字列の末尾 (右端) から指定された文字数の文字を返します。
RIGHTB文字列の末尾 (右端) から指定されたバイト数の文字を返します。
MIDB文字列の任意の位置から指定されたバイト数の文字を返します。
PHONETIC文字列からふりがなを抽出します。
LEN文字列の文字数を返します。
LENB文字列のバイト数を返します。