IMABS関数

IMABS関数は指定した複素数の絶対値を返します。複素数は文字列 "x+yi" または "x+yj" の形式で指定します。

書式=IMABS(複素数)
戻り値指定した複素数の絶対値を返します。
引数複素数絶対値を求める複素数を指定します。
使用例複素数の絶対値を求める。

@複素数を入力してA複素数の絶対値を求めています。

Aの入力値 =IMABS(B1)
IMABS関数の使用例
関連関数説明
IMAGINARY指定した複素数の虚数係数を返します。
IMARGUMENT引数シータ (ラジアンで表した角度) を返します。
IMCONJUGATE複素数の複素共役を返します。
IMCOS複素数のコサインを返します。
IMDIV2 つの複素数の商を返します。
IMEXP複素数のべき乗を返します。
IMLN複素数の自然対数を返します。
IMLOG10複素数の 10 を底とする対数 (常用対数) を返します。
IMLOG2複素数の 2 を底とする対数を返します。
IMPOWER複素数の整数乗を返します。
IMPRODUCT複素数の積を返します。
IMREAL複素数の実数係数を返します。
IMSIN複素数のサインを返します。
IMSQRT複素数の平方根を返します。
IMSUB2 つの複素数の差を返します。
IMSUM複素数の和を返します。
COMPLEX実数係数および虚数係数を "x+yi" または "x+yj" の形式の複素数に変換します。