IPMT関数

IPMT関数は投資の支払金利を返します。

書式=IPMT(利率,期,期間,現在価値,将来価値,支払期日)
戻り値投資の支払金利を返す。
引数利率期間全体を通じての利率を指定する。
元金支払額を求める期を期間の範囲で指定します。
期間支払い回数の合計を指定する。
現在価値現在価値を数値で指定する。現時点で一括払いした場合の価格を指定する。
将来価値将来価値を数値で指定する。ローンの返済の場合は0を指定する。積立金の場合は最終的な総積立額を指定する。
支払期日0支払いが期末の場合指定する。
1支払いが期首の場合指定する。
使用例投資の支払金利を求める。

@「利率」5.00% 、A「期」1、B「期間」10年、C「現在価値」1,000,000、D「将来価値」0を指定してE投資の支払金利を求めています。

Eの入力値 =IPMT(B1,B2,B3,B4,B5)
IPMT関数の使用例
関連関数説明
EFFECT実効年利率を返します。
NOMINAL名目年利率を返します。
RATE投資の利率を返します。
NPER投資に必要な期間を返します。
PV投資の現在価値を返します。
FV投資の将来価値を返します。
FVSCHEDULE投資期間内の一連の金利を複利計算することにより、初期投資の元金の将来価値を返します。
CUMIPMT指定した期間に、貸付金に対して支払われる利息の累計を返します。
CUMPRINC指定した期間に、貸付金に対して支払われる元金の累計を返します。
PMT定期支払額を算出します。
PPMT指定した期に支払われる元金を返します。
ISPMT投資期間内の指定された期に支払われる金利を返します。