NOT関数

NOT関数は引数が TRUE のとき FALSE を、FALSE のとき TRUE を返します。

書式=NOT(論理式)
戻り値引数が TRUE のとき FALSE を、FALSE のとき TRUE を返します。
引数論理式 論理値、あるいは結果が TRUE または FALSE になる論理式を指定します。
使用例論理式の逆の結果を求める。

@論理式 TRUEを入力してA逆の結果 FALSE を求めています。

Aの入力値 =NOT(B1)
NOT関数の使用例