OR関数

OR関数は引数で指定した条件が満たされているかどうかを調べます。いずれかの条件が満たされている場合は TRUE を返し、全ての条件が満たされていない場合は FALSE を返します。

書式=OR(論理式1,論理式2,論理式3,・・・)
戻り値いずれかの引数が TRUE のときに TRUE を返します。
引数論理式結果が「True」もしくは「False」になる論理値を指定する。
使用例4教科のテストの点数のいずれかが70点以上の生徒を調べる。

@〜Cに点数を入力して4教科のテストの点数のいずれかが70点以上の場合DTRUEを返します。

Dの入力値 =OR(B2>=70,C2>=70,D2>=70,E2>=70)
OR関数の使用例