ABS関数

ABS関数は数値の絶対値を返します。絶対値とは数値よりプラス(+)、マイナス(−)の符号を取り除いた数値です。

書式=ABS(数値)
戻り値数値の絶対値を返します。
引数数値絶対値を求める実数を指定する。
使用例数値の絶対値を求める。

@数値 -3 を入力してA絶対値 3を表示しています。

Aの入力値 =ABS(A2)
=ABS関数の使用例
関連関数説明
SIGN数値の正負を調べます。
DEGREESラジアンを度に変換します。
RADIANS度をラジアンに変換します。
RAND0 以上 1 未満の乱数を返します。
RANDBETWEEN指定された数値の範囲内の乱数を返します。
ROMANアラビア数字を、ローマ数字を表す文字列に変換します。