LN関数

LN関数は数値の自然対数を返します。自然対数とは、定数 e (2.71828182845904) を底とする対数のことです。

書式=LN(数値)
戻り値指定した自然対数を返す。
引数数値自然対数を求める正の数値を指定する。
使用例数値の自然対数を求める。

@「数値」を入力してA整数の自然対数を求めています。

Aの入力値 =LN(B1)
LN関数の使用例
関連関数説明
EXPe を底とする数値のべき乗を返します。
POWER数値のべき乗を返します。
LOG指定された数を底とする数値の対数を返します。
LOG1010 を底とする数値の対数 (常用対数) を返します。