MOD関数

MOD関数は数値を除算(割り算)した余りを返します。

書式=MOD(数値,除数)
戻り値数値を除算(割り算)した余りを返す。
引数数値除算する数値を指定する。
除数0以外の除数を指定する。
使用例指定した数値の除算(割り算)した余りを求める。

@「数値」 15 をA「除数」 4 で除算(割り算)したB余りを求めています。

Bの入力値 =MOD(B1,B2)
MOD関数の使用例
関連関数説明
QUOTIENT除算の商の整数部を返します。