COUNT関数

COUNT関数は引数で指定した数値の個数の合計を返します。

書式=COUNT(値1,値2,・・・)
戻り値引数で指定した数値の個数の合計を返します。
引数数値、配列、セル範囲を指定する。
使用例指定したセル範囲の数値の個数の合計を求める。

@数値1〜5 のセル範囲のA数値の個数の合計を求めを求めています。

Aの入力値 =COUNT(B1:B5)
COUNT関数の使用例
関連関数説明
COUNTA引数リストの各項目に含まれるデータの個数を返します。
COUNTBLANK指定された範囲に含まれる空白セルの個数を返します。
COUNTIF指定された範囲に含まれるセルのうち、検索条件に一致するセルの個数を返します。