RSQ関数

RSQ関数は既知の y と既知の x を通過する回帰直線を対象に、r を 2 乗した値(決定係数)の値を返します。

書式=RSQ(既知のy,既知のx)
戻り値既知の y と既知の x を通過する回帰直線を対象に、r を 2 乗した値(決定係数)の値を返します。
引数既知のyデータを含む配列またはセル範囲を指定する。
既知のxデータを含む配列またはセル範囲を指定する。
使用例既知の y と既知の x を通過する回帰直線を対象に、r を 2 乗した値(決定係数)の値を求める。

@既知のy、A既知のxを入力してB既知の y と既知の x を通過する回帰直線を対象に、r を 2 乗した値(決定係数)の値を求めています。

Bの入力値 =RSQ(A2:A8,B2:B8)
=RSQ関数の使用例
関連関数説明
COVAR共分散を返します。共分散とは、2 組の対応するデータ間での標準偏差の積の平均値です。
CORREL2 つの配列データの相関係数を返します。
FISHERフィッシャー変換の値を返します。
FISHERINVフィッシャー変換の逆関数の値を返します。
FORECAST既知の値を使用し、将来の値を予測します。
TREND回帰直線による予測値を配列で返します。
STEYX回帰直線上の予測値の標準誤差を返します。
INTERCEPT線形回帰直線の切片の値を返します。
SLOPE回帰直線の傾きを返します。
LINEST回帰直線の係数の値を配列で返します。
GROWTH指数曲線から予測される値を返します。
LOGEST回帰指数曲線の係数の値を配列で返します。
PEARSONピアソンの積率相関係数 r の値を返します。