ISERROR関数

ISERROR関数は対象が任意のエラー値のときに TRUE を返します。

書式=ISERROROR(テストの対象)
戻り値対象が任意のエラー値のときに TRUE を返します。
引数テストの対象調べる値を数値、文字列、論理値、セル参照で指定する。
使用例入力値がエラーであるか調べる

データを入力して@入力値がエラーであるか調べています。

@の入力値 =ISERROR(B1)
ISERROR関数の使用例